婚活ヨガ

婚活パーティみたいなイベントにヨガを取り入れたものがあります。
男女の人数が同じじゃないとダメですが、こういうのがあるんですねー。
イベント主催も大変ですが、こんな時代なんだなーって思いました。

"パーティーを進行するスタッフは、接客力の向上を目的にした教育研修を随時行っています。
お客様に信頼を持っていただく為に日々研鑽を積んでいます。"

というスローガンというかうたい文句で頑張っている会社もあります。
会社あげてのイベントです。

ところでカップルは生まれているのでしょうか。
そこまでは読んでませんが(読め?)、たまには生まれているのでしょう。
そうじゃなきゃ続かないよね。

その婚活にヨガを取り入れるというのですが、男女でもなんでも、ペアでするヨガが出来ないと
意味がないので、そういうトレーニングを受けた人、ということにあんりますね、先生は。
これは主催側とは別です。

そう考えると、ヨガの先生も大変ですねー、
責任はないけど、うまく男女が仲良く出来るようなヨガをしなくては、です。

うーん、、、すごいなー、、、婚活の世界って。

バナー作成

とあるイベントで、バナーを作りたいってなりました。
誰に頼めばいいのか、いくらなのか?最初はわからなくて悩みましたよ。
だんだんと情報が見れて、理解できてきました。
あんがい安いんです。

数千円で出来ます、素材を自分で用意しなくてはいけないけど。
でも安いですよね、1000円て人もいます。
自分でもそのうち出来るようになります、ただ時間がないから頼むようにしてるけど。
あれって本当に慣れてきますね、自分でもできるようになったら仕事請け負いたいくらい(笑)。

他にも、最初はほんとうーーーーに分からなかったものがだんだんと分かるようになってきて、
時間さえあったらなんでも自分でこなして、出来れば仕事にしたいくらい(笑)。

時間さえあればなんでも出来る、そう思えるようになったので自信がついていいですわ。
出来ない事はないんだなって思えます。

バナーだけでいってますけど、ホームページも出来るし、
なんていうか自分って天才かも(爆)。。。
そうでも思えないとやってられないですよね、だって、、、
ほんとはバカだもん(爆)。

はやくもっとゆとりのある生活がしたいなって思います。
なんだか忙しくていけない。
来年はもっとゆとりをもってゆっくり読書でもしたいなー。
そのためにはもっと働け??はーい、がんばりまーす。

うまくいかない

とあることをしているのですが、本当なら数分で終わるはずであろうことが、
なぜか数日かかった。
アホなのでしょうがないけど、それにしても、という。

うまくいかないのはいつものことですが、この通りにやったらいいんですよ、の「この通り」がうまくいかない。
でもそのことをそういった人に言ってやらせると、やっぱりうまくいかない。
どうしてか分からないけどうまくいかない。
でもめげてばかりはいられないので、やります、やるしかないのだ。

このことばかりではなくて、うまくいかないからって諦めてはいけないですよね。
とことんやってみないことには進まないです。

なんとか頑張ります。
きっとうまくいくと信じて。

なんのことか分からないでしょうけど、陰でいいです、
応援よろしくお願いします!

よし、とにかくやるぞーー。
やるしかないのだ!

花粉症ですか?

花粉症の人、多いですけど、どうですか?
なってます?

花粉症患者にはつらいシーズンがやってきてます。

つらいのは子どもだけではないようです。
0~16歳の子どものうち、花粉症だと親が実感している子どもは、
アレルギーの代表格であるアトピー性皮膚炎の3倍以上にのぼることが分かりました。

また、花粉症の人に起こりやすいとされる「口腔(こうくう)アレルギー症候群(OAS)」について聞いたところ、
花粉症の子どもの20.6%にOASの症状である「果物を食べたときの口や喉のかゆみやピリピリ感」がみられました。

小児アレルギーの専門家は「OASは花粉症の時期に悪化するため、
花粉症の対策も忘れずに実行することが大切」と呼びかけています。
でもこれ、子供に限らず、大人も花粉になったら本当につらいんですよねー。

ティッシュが離せない。

実は以前自分もそうでした。
改善はされてますけど、今でもひどい日があります。
子供のときはこうではなかったんですよ。
大人も子供もこの辛さは大変なのだ。

映像クリエイターの転職と学歴

映像クリエイターに学歴は関係ない

 映像クリエイターになるには資格や学歴は必要ありません。「映像クリエイター」は他の関連業務と兼務することがある為、広い意味で呼ばれます。

 

もちろん、業務を細分化していけば、それぞれにプロフェッショナルが存在するほどの専門的な業務ですので、映像を組み立てる技術に加え関連業務の知識も求められます。

 

映像クリエイターはデザイン力や技術力だけでなく、関連業務に対する知識や新しい技術にも興味を持てる人が向いています。そういう人は自然と知識・技術ともに向上していきます。

 

転職が有利になる学歴

美術系の大学であったり映像系の学科を出ているとデザインや映像の基礎知識があると判断されやすい為、採用されやすくなります。また、映像やCG関連技術の専門学校などの場合も同様です。

 

この場合は学歴よりも、実際に専攻している内容や授業内容、知識・技術的な面での評価が強くあります。これは基礎知識だけでもあると業務への理解も早まり、即戦力に繋がりやすいことが背景にあります。

 

 しかし、書類上の学歴よりも実際の技術力が現場では求められるので過去に制作した作品があれば実績として提示しましょう。実力主義では百聞は一見に如かずです。学歴に関わらず実際の成果物は確実に評価されます。

 

映像クリエイターの学歴の扱われ方

 映像業界は実力主義ですので学歴はあまり関係ありません。どこの高校・大学を出ていても関係なく就職できる為、様々な学歴の方がいます。高卒の方もいますし有名校や海外の大学を出ている方もいます。この業界は学歴よりも映像に関する知識やスキルなど作業自体を評価されます。

 

ですが、大手の制作会社などですと学歴によって採用に有利になる場合があります。その場合はより偏差値の高い大学に行けば行くほど有利です。他にも体育会系の大学でスポーツをやっていたことのある人では体力があることとメンタルの強さを評価され採用されます。(やはり大阪なんかの登録販売者の求人とは違いますね。)

 

 大学卒が全く無駄になるかというとそういうわけではありません。大学入試で合格する努力を認められるのでそういった部分は評価されますし、大卒の方が書類の専攻は通りやすくなります。

 

映像クリエイターにとって学歴は大きな壁ではありませんが、会社や応募条件によっては大学卒必須のこともありますので、応募の際はよく確認しましょう。

なにやらやっている

キッチンで家族がなにやらやっています。
美味しいものを作ってくれているのならいいけど、なにやってるのかまったく分からない。
今これを打ちながら想像するだけです。
音と匂いからするにケーキかなと。
美味しいものならいいけど、時々「えーーー?」みたいなのを作るからコワイ。

本を見て作っているのに、ほんとは違ったものが出来るのも面白い。
こうやって面白がっていないと、到底やっていられないのです。
本当におかしなものを作ったりしますから。

それを食べたら死ぬってほどじゃないけど、そもそもケーキなんて苦手ですし。
ほかの料理もなんていうのか・・・・美味しく食べられない。
きっと美味しいものなんでしょうけどね、これですか・・・という感じです。

喜んで食べていませんが、作ってる本人は喜んで作っているのです。
それでいいのですが、食べなきゃいけないという任務が・・・。

こんなこといって贅沢かもしれませんけど、うちにきてみたら分かりますよ。

毎回ではないですが
「えーーー!?」なものが出てきます。
来てみますか?

バリ島でヨガ

ヨガといえばインドかもしれないけど、あんがいバリ島が有名です。
世界中からヨガをしにいろんな人たちが集まっている。

ヨガするのに適しているから人気なんですねー、いろんなスタジオが出来ています。
ルミナスのヨガ・リトリートをはじめ、バリ島でヨガをしたいという人の団体が出来ているみたいです。
バリ島、いいですよねー。
ヨガしなくても行きたい国です。

近いし、食べ物も日本人にあってるし、行けば皆フレンドリー。
安いですしね。
有名な寺院でのダンスとか、スパも有名です。
ホテルもどんどん建ってるし、まさに観光天国!
バリ島で結婚式する人も増えていますねっ。

ホテル・ウエディングならバリ島で、みたいな。
ウエディングしたあとにヨガとか。

スパで綺麗になって帰ることが出来るバリ島、是非行ってみてくださーい。
成田からの直行便ありますー。

ヨガの効果

ヨガが空前の大ブームです。
ヨガをするといいことばかりですけど、大きな勘違いは・・「痩せる」って思っている人がおおいこと。
ヨガでも痩せますが、他の多くの運動と同じで、それだけでは痩せるのは難しいかなと。

ポーズを行うことのみがヨガではありません。
毎日の生活の中の一つひとつを「生き方としてのヨガ」として
実践し悪習慣を改善していくことがヨガをしていることになります。

クラスでのヨガはポーズを行うことですが、
「ムリ・ムダ」をせずに「痛と快の間」で行うのがポイント。

高度な技術や道具に執着することなく、どんな年齢の方にも今すぐに始められる健康法です。

ポーズを行うことで日常使っていない関節、筋肉などを動かしますので、
脳の様々な分野が刺激され生命力が覚醒していきます。

呼吸に集中することで体や心や意識面における色々な「気づき」を生みだしますから、
積極的な思考、忍耐力、行動力、安定力が身につき人生を前向きにとらえることができます。
焦らず続けていきましょう。

気になるようなら少し休むことも大切ですが、体の内側では喜んでいることを感じましょうねっ。

絶対いいことありますよーー。

ヨガ、最高です。

先輩ナースにあこがれて

看護師として働いていると機嫌の悪い患者さんに文句を言われることや

苦情を言われることが多々あります。

その度に笑顔で応対しているものの心の底では思いっきり相手に対する嫌悪感で

いっぱいです。

仕事じゃなかったらきっとかなり言い返していると思われます。

だけど、時にはどうしても笑顔が作れず引きつった表情での対応になってしまうことも

あるんだよね...。

そういう時は先輩ナースに任せられるなら任せた方が上手くいきます。

私ではまだまだ役不足。

どうして先輩ナースはあんなにテキパキと応対が出来るんだろうって不思議。

最初の頃は、ナースって慣れてくると感情を失ってしまうんじゃないかって

思ってしまったほどです。

でもそうじゃないんだよね。先輩ナースは私の憧れです!

 

看護師さんの過ち

看護師さんは一人部屋の隅でうずくまりただ一つのことだけを考えていた、「死にたい。」とその言葉が何度も頭の中を巡っていた。元旦那は仕事に行っていた、チャンスは今しかないと思い家中にある薬という薬を集めてテーブルに並べた。看護師さんの知識では薬の大量摂取なんかでは死に至ることはできないというのは、もちろんわかっていた。しかし頭の中の「死にたい。」という言葉は止むことはなく、薬をかき集める手も止まらない。元旦那が帰ってくる前に終わらせないと、看護師さんはテーブルの上に集められた100粒近くの様々な錠剤を飲み始めた。途中から気分が悪くなってきたけれど、それでも止めずに全てを飲みきった。

とにかく気分が悪い、眠たい。看護師さんは気付いたら寝ていた、夜になって帰ってきた元旦那から起こされて看護師さんは目を覚ます。ひどく気分が悪い、すぐに嘔吐した。横になっていても目が回るほど気分が悪い、何度も嘔吐して胃液しかでないのに何度も胃の底からこみ上げてくる。看護師さんはその時やっと正気に戻っていた、「なんてバカなことをしたんだろう。」と思っていた。何度も吐いてきつそうにしているのに、心配する素振りもなくゲームをする元旦那だった。

そういえば看護師の話で思い出したけどこんなサイト見てると医師の当直とかも大変そうですよね・・・・。。